中山 英雄(なかやま ひでお)常任指揮者・アコーディオン
徳島市生まれ。中学・高校時代に6年間合唱と指揮(2年)を経験。四国キリスト教大学中退。1953年、合唱団白樺に入団。ロシア民謡と出会う。ピアノを中西輝男、アコーディオンを宮長大作、和声学・対位法・作曲を石井歓、原博の各氏に師事。現在、合唱団「道」常任指揮者。合唱団白樺顧問。音楽センター・アコーディオン科講師。日本アコーディオン協会評議員、日本ロシア音楽家協会運営委員、日本ユーラシア協会常任理事。ロシア民謡・ロシア音楽・ソビエト歌曲・アコーディオン楽曲などの編曲、評論、著作も手がけている。

小坂 幸世(こさか さちよ)指揮・ピアノ
大阪芸術大学卒業。ラフマニノフ国立音大夏期マスターコース修了。ピアノを後藤脩氏、故金沢益孝氏、故クロイツァー豊子氏、故タチアーナ・ハーノニワ氏に師事、伴奏法を加納悟郎氏に師事。1981年関西フィルハーモニーと共演。メサイア、第9合唱団等の伴奏を経て1997年より合唱団「道」の伴奏者を務め3回のロシア演奏旅行に同行。DenTrioを結成し2005年イタリアのトスカーナ地方バルガのオペラ座で公演、教会での録音。2007年バラライカアンサンブル「ポーレ」の指揮者としてモスクワでのフェスティバルへの参加。現在は、合唱団「道」指揮と伴奏、関東民放クラブ合唱団の伴奏と音楽指導を中心に活動している。日本ロシア音楽家協会会員、日本演奏連盟会員。

二宮 悠太(にのみや ゆうた)ピアノ
神奈川県出身。洗足学園音楽大学卒業。東邦音楽大学大学院修士課程を修了。大学在学中に特別選抜演奏者に認定される。第1回東京ピアノコンクール審査員特別賞受賞。第19回クラシック音楽コンクール入選。第39回フランス音楽コンクールピアノ部門第1位。同入賞者演奏会に出演。南雲竜太郎、J.マリアン、藤井一興の各氏に師事。ソロや歌曲、合唱の伴奏などを中心に活躍している。合唱団「道」、「コール響」専属ピアニスト。

梅﨑 英行(うめざき ひでゆき)ヴォイストレーナー

国立音楽大学声楽専修を経て東邦音楽大学大学院修士課程修了。指揮法を石橋義也、声楽を山崎明美、久保田真澄、鹿内芳仁各氏に師事。2003年から現在に至るまで團伊玖磨「筑後川」演奏会九州各地公演、2007年には中国・蘇州公演においてソリストを務める。合唱指揮者として過去に、こだいら合唱団「第九」演奏会練習指揮をつとめる。團伊玖磨記念「筑後川」演奏会において「海上の道」「岬の墓」(ともに團伊玖磨作曲)をそれぞれ演奏。現在男声合唱団「ハイ&ロー」、混声合唱団「うめだん。」「コール響」指揮者。合唱団「道」、「高井戸混声コーラス」ヴォイストレーナー。

佐伯 葉子(さえき ようこ)ヴォイストレーナー

東京芸術大学声楽科卒業、同大学院修士課程修了。学部卒業時に同大学卒業演奏会、神奈川県立音楽堂新人演奏会及び推薦音楽会に出演。1997年度フランス音楽コンクール1位、第10回日仏声楽コンクール1位、第12回日本声楽コンクール2位入賞。1986年より度々フランス、イタリアに渡り、ノエミ・ペルージャ、アルダ・ノニ、カミーユ・モラーヌの各氏の下で研鑽を積む。東京、神奈川をはじめ、フランス、イタリア、ロンドン、ウィーン楽友協会等、国内外のコンサートに多数出演。歌曲、オペラ、宗教曲のソリストとしても活躍する他、合唱指揮、後進の指導にも当たっている。コンセ-ル・C、日本フォーレ協会、日本演奏連盟会員。


→運営規定